第4回とつか未来会議報告③

HUG(避難所運営ゲーム)のあとは、毎年恒例の、専門職種によるシンポジウムでした。

今年は、学生からの発表、HUGに続いてということで、学生からの視点も入る時間となりました。

シンポジウムはやはり時間が短いものであっという間の一時間でありました。

より具体的に、パワーポイントでの説明も加わりながら昨年発信された、スモールコミュニティの重要性ということも再度共有され、有意義な時間となりました。

関連記事

  1. とつか未来会議報告5

  2. とつか未来会議報告3

  3. とつか未来会議報告1

  4. とつか未来会議報告6

  5. とつか未来会議報告2

  6. とつか未来会議報告8

PAGE TOP